【記入義務】台湾入国時の「入境健康声明書」の記載内容と書き方まとめ

 台湾の中央流行疫情指揮中心(感染症指揮センター)は、2020年2月11日、台湾への入国時に「入境健康声明書」への記入を求める措置を同日から開始すると発表しました。

「入境健康声明書」は、中国・香港・マカオ以外からの全ての旅客が記入する必要があり、14日以内の流行地域への渡航歴、接触歴を記入する必要があります。事実と異なる記載をした場合などには、最高15万台湾ドルの罰金が課されます。

中国・香港・マカオからの入国者は、「入境健康声明及び在宅検疫通知書」を記載し、入国後14日間は在宅検疫措置に協力する必要があります。

「入境健康声明書」の書き方

「入境健康声明書」の記載内容

1.名前
2.性別
3.パスポート番号
4.入国時の便名
5.台湾での電話番号(携帯電話/固定電話)

6.過去14日間で発熱、咳、息切れはありましたか?(薬を服用した人は「はい」を選んで下さい)
→はい:「発熱」「咳」「息切れ」
→いいえ
7.過去14日間で行った場所はありますか?
→「中国:州」「香港」「マカオ」「上記に該当しません」

8.★入国後14日間は公共の場では必ずマスクを着用して下さい。
 ★伝染病対策法の第58条により、乗客は到着時にこのカードを正確に記入して台湾のCDC検疫所または出入国管理カウンターに提出し、検疫規則に従う必要があります。上記措置を拒否、回避、又は妨害した場合は10,000台湾ドル(約36,600円)~150,000台湾ドル(約55万円)の罰金が科せられます。
9.署名
10.入国日
11.貴方の協力に感謝します。中央伝染病司令センター 台湾疾病管理センター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です